読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイナー脂肪

仕事の話があまり出てこない絵日記

めんどくさがりでもできた、退職したらやること

会社を退職したので、
市役所で手続きをしてきました。
その時にやったことを覚え書きで書いておきます。

<用意するもの>
・ハンコ(朱肉なしでも押せるやつじゃないやつ)
・パスポートor免許証(免許ないのでパスポート持って行きました)
・年金手帳
・会社からもらった離職票(3枚ぐらいある)
なんと持ち物4つだけ!!!!!!!財布いりません!!!!!!
だけど、私パスポートと年金手帳を忘れたので2回家に取りに帰りました。
市役所まで徒歩5分なので散歩みたいで楽しかったです。

<市役所でやること>
・年金の手続き
・国民健康保険の手続き

辞めるときに色々説明してもらったけど、
普通に忘れているので(最低)、
市役所で何やるの?状態でしたが、
総合受付で聞くと上記の2点だと優しく教えてもらえました。意外と楽そう。

1.年金の手続き

年金の窓口の番号札を持って待ちます。
呼ばれたら、退職した旨を伝えて、
よくわからないので、年金手帳と、離職票を全部渡しました。
そしたら、優しいおじちゃんが適当にやってくれます。
楽勝でした。

2.国民健康保険の手続き

国民健康保険の窓口の番号札を持って待ちます。
呼ばれたら、退職した旨と、年金の手続きは終わったことを伝えて、
よくわからないので、離職票を全部渡しました。

退職日が9月上旬だったので、そこから払うことになると教えてもらいました。
1ヶ月に1万強払うのはイタいですが、
無職期間に、車にひかれたり、ゲームのしすぎで指の骨格が変わるかもしれないことを考えると、
入っておいたほうがいいと思います。
親に寄生する場合は、親にやってもらってください。

あと保険のウンタラカンタラの紙はないですか?って聞かれたけど、
よくわからないので、ないです!と正直に答えました。

そうすると、会社に電話で確認しないといけないけどいい?と聞かれ、
別に会社とケンカ別れしたわけじゃないので、よろしくお願いすると、
役所の人が会社に電話をかけてくれましたが、
ちょうどその時担当の人がいなかったようで、確認はとれませんでした。

役所のお兄さん「大丈夫じゃないけど、一応手続きできるので進めます」
よくわからないけど、かっこいい...!!!!
お兄さんが電話してる間、公務員って定時で上がったら何するんだろうってことばかり考えてました。

おそらく、離職票以外にスムーズに健康保険証を手続きするために、
なにか紙が必要だったようなのですが、なくても全然いけました。
でも市役所の人に多少迷惑かかるので、あまりやらないほうがいいです。

名前か住所かを書いた気がします。
そうすると、その日から使えるA4サイズの保険証モドキと、
保険に関する冊子をもらいました。

あと後日、書留で保険証ホンモノが届くそうです。
などと説明に対して相槌うってたら、「以上で終わりです」と言われたので
家に帰ってオムライスを食べました。

3.まとめ

忘れ物のせいで家に何回か戻りましたが、手続きは1時間もかからなかったです。
思ってたより、ずっと簡単だったし、
なにより終わったことで、安心してアニメ見れる!という気持ちでいっぱいでした。

昔読んだ本に書いてありましたが、めんどくさがり屋は、
とりあえず、5分行動しはじめたら体が付いてくるので
まず、かばんに持っていくものを入れることから始めるといいと思います。

時が経てば経つほどめんどくさくなって、よけい動かなくなるし、
運気が下がる(母談)そうなので、
早くに終わらせておくことにこしたことはないです。
安心して、無職を漫喫しましょう!

めんどくさいあなたにおすすめの本

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

 

 

-おわり-

 

広告を非表示にする